なおたろー’sカフェ

忙しいみんなの息抜きになりたい!

PMDD治療。ピルを飲むまでの経緯とメリットやデメリット。

【スポンサーリンク】

 

f:id:naotarotarou:20181213235401p:image

 

 

皆様こんにちは!

なおたろー(@naotarotarou)です。

 

 

以前よりPMSやPMDDについての記事を書いている私ですが、今回は私が低用量ピルを服用するまでの経緯と、飲んでみての感想などを書いてみようと思います。

 

あくまで経験からのお話になることをご了承ください。

 

 

 

 

最初は漢方を飲んでいた

 

実は最初、ピルに抵抗があったんです。

理由は特にないんですけどね。単なる知識不足です。

PMSやPMDDの治療にピルは効果的ということは知っていたけれど、なんとなくピルって怖いんじゃない…?と思って、服用を躊躇していました。

 

当時診てくださったお医者さんも「とりあえず漢方飲んでみる?」と言ってくださったこともあり、しばらくは漢方を飲んで様子を見ることにしました。

 

しかし私が求めいたのは速攻性。

 

多くの方がご存知のように、漢方は効果が出るまでに時間がかかります。(個人差あり)

もちろん副作用が少なかったり、からだ全体の調子を整えて自己治癒力が高まるというメリットもあるのですが、毎日のうつ症状に耐えきれなかった私には漢方を飲んでいる間も非常に辛かったのです。

 

しばらく漢方を飲んでいたのですが、二人目妊娠が発覚したので服用を中断することにしました。

 

 

生理再開と共にPMDDも再開

 

2人目出産後、生理が再開。

2度目の生理前に自分の調子がおかしいことに気が付きます。

 

襲い来る恐怖心。

止まらない震え。

呼吸の乱れ。

 

やばい。

つらい。

死にそう。

 

異変を感じて2週間後に生理が来て「やっぱりな」と思いました。

次の月も、その次の月も同じ症状が出たので、婦人科を受診することに。

 

私の場合、2週間PMDDで寝込み、3日間生理痛で寝込んでいたので、1か月の約半分は生理(というよりホルモン)のせいで苦しんでいました。

 

 

ピルの服用を決意

 

PMDD再開を期に、知識不足だった低用量ピルについて調べることにしました。

 

ピル=避妊のイメージが強かったのですが、他にもメリットがたくさんあることをその時に知ります。

 

  • 月経周期の安定
  • 生理痛の軽減
  • 子宮内膜症の予防
  • 肌の調子が良くなる
  • 生理の日をコントロール

 

そして一番の決め手は、元なでしこジャパンの澤穂希選手がピルを服用していたということを知ったからでした。

「ホルモンの変動は努力と根性じゃどうにもならない」と言っており、「澤が無理なら私だって無理に決まってんじゃん!」と思ったのです。

 

澤が無理なら吉田沙保里だって無理だよ!澤穂希と吉田沙保里が努力と根性でどうにもならんことを私がどうにかできるわけねーだろ!!

 

そんなこんなで、今度は漢方じゃなくてピルを貰おうと思い、婦人科に行くことにしました。

 

 

いざ婦人科へ

 

まずは問診票の記入、そしてお医者さんの問診。

以前漢方を飲んでいたことや、今すぐどうにかしたいこと等を伝え、ピルの説明を受けました。

 

飲みはじめは頭痛や吐き気等の症状がでるかもしれないけど、時間が経てば落ち着くこと。

可能性は低いけれど、血栓症等の副作用が起こることもあること。

飲み忘れたときの対処法 etc...

 

ピルは1シート分を貰い、なくなりそうになったらまた受診しに来てと言われました。

その時に子宮頸がん検診も一緒にすることに。

 

 

実際に飲んでみて…

 

感想はただ一言。

 

もっと早く飲んでおけばよかった

 

あれだけ悩んでいた焦燥感や恐怖感、そしてたまに湧き上がっていた自殺願望がパタリと消えたのです。

えええーーこんなにあっさりとーーー?と驚きました。

 

なにより、子供と会話ができるようになったことが嬉しかったです。

PMDDの期間は相槌を打つことすら困難で、まともに育児ができなかったのです。

PMDDのことはわかっていても、どう対処すればいいのかわからなかった夫も安心していました。

 

飲み始めて3日は「あー…なんか頭痛いな~…」と思っていましたが、すぐに納まりました。

ピルはよく太るって聞くけど…どうだろう?

たしかに飲み始める前より太ってるけど、食べ過ぎと運動不足なのもあるから一概にピルのせいとは言えません。。。

 

ピルはラベルフィーユ28錠、ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠を飲みましたが、今は120日間連続服用が可能なヤーズフレックスに落ち着いてます。

 

 

ピルを飲んでみて感じたメリット

 

  • PMDDの症状が落ち着いた
  • 安心感が増えた
  • 肌の調子が良くなった
  • 生理痛に振り回されなくなった

 

ヤーズフレックスを飲み始めて8ヶ月。

人によっては数ヶ月出血なしで過ごせるようですが、私の場合は2か月しないうちに出血があります。

まあこの辺は個人差でしょうね。

 

それでも毎月生理が来るわけではないので生理の煩わしさはないし、生理痛に振り回されない!これは本当に嬉しいです。

 

出血したとしても量はそこまで多くないのですし、「漏れてないかな…?」「スカート汚れてないかな…?」と常にお尻を気にすることもありません。

生理三日目までは夜用ナプキンでないと過ごせなかった私からしたら、その不安感がなくなっただけでかなり気持ちが楽になりました。

 

 

ピルのデメリット

 

とくにデメリットを感じることはないのですが…あえて挙げるとするならば 

 

  • 定期的に病院に通わないといけない
  • 費用がかかる
  • 飲み忘れに気を付けないといけない
  • 副作用が気になる

 

私が今通っている病院は地元でも有名な産婦人科なので予約が必要で、しかも予約を取っていても結構待つことが多いので、通院は少し大変です。

ピルは慣れてきたら2~3ヶ月分貰えたりするのですが(病院にもよりますが)、お仕事している方や学生さん等は通院のスケジュールを立てるのが難しいかな?なんて思いました。

 

ピルもいろんな種類があるし、病院によって値段も違うのですが、大体の相場は3000円前後と思っても大丈夫だと思います。

費用については安いと思うか、高いと思うかは人それぞれですが…専業主婦の方や学生さんはなかなか自分で自由に使えるお金がないという理由でピルを諦めるということも聞いたことがあります。

私も最初は高いな~と思いましたが、「1日約30円で平穏な毎日が過ごせると思ったら安い!」と思えるようになりました。

 

飲み忘れした時の対処法は主治医の先生に教えて貰えますが、2錠以上飲み忘れてしまった時は次の生理がくるまで服用を中止し、仕切り直しをする必要があります。

それが嫌という方もいると思うので一応デメリットとして挙げましたが…今のとこ私は2錠以上飲み忘れたことはありません。

1錠飲み忘れたことは何度かありますが、気がついた時点ですぐ飲めばいいと指導してもらったのでそうしてます。

 

むしろ毎食後の薬をよく飲み忘れてしまう私にとっては、1日1錠でいいというのはかなり楽だなって思います。

朝と昼はどうしてもバタバタしてしまうため、夕食を食べ終わる7時頃に飲むと決めています。

飲む時間も自分の都合の良いときに合わせられるのはいいですよね。

 

 

最後に

 

なかにはピルがどうしても体に合わなくて服用を断念される方もいます。

一番は、自分にあったものを選ぶことです。

 

ピルも種類がいろいろあるので、お試しで短期間試してみたり…

私は断念したけれど、漢方を飲んでみたり…

お医者さんと相談しながら自分の体に合った方法を探してみてください。

 

病院に行く時間がないという方は市販薬やサプリメント等も試されるのもいいかもしれません。

サプリメントに興味のある方はこちらも参考にどうぞ→女性の毎月のお悩みをやさしく解決「女性のミカタ」

 

個人的には、普段の生活を見直すことも重要だと思います。

私はストレスがたまるとPMDDの症状が悪化していました。

 辛いときは無理をしない。休むことも治療の一環です。

 

 

今まさに辛いと思っている方へ、少しでも参考になれたら嬉しいです。