なおたろー’sカフェ

忙しいみんなの息抜きになりたい!

【漫画で解説】PMS・PMDDは病院に行くべき!我慢するべきではない理由

【スポンサーリンク】

 

 

 

f:id:naotarotarou:20190601161928j:image

 

 

 

皆様こんにちは!

なおたろー(@naotarotarou)です。

 

 

 

私は数年前からPMDD(月経前不快気分障害)に悩まされており、現在低用量ピルを服用中です。

 

 

 

 

 

先日ツイッターにPMS・PMDDについての漫画をアップしたところ多くの方から反響がありました。(2019年6月1日現在約8800いいね・約7300RT)

 

 

このツイートを見て

 

「私もPMDDは初めて知った!」

「私もPMDDかもしれない」

「病院に行ってみようと思う!」

「妻との接し方の参考になった」

 

という声をいただきました。

 

 

とにかく私は「生理に関する悩みは我慢すべきでない」ということが広まってほしいと願っています。

 

 

 

 

【漫画】PMDDの私が話す無理したらいかんって話。

 

 

f:id:naotarotarou:20190601161150j:image
f:id:naotarotarou:20190601161140j:image
f:id:naotarotarou:20190601161134j:image
f:id:naotarotarou:20190601161136j:image

 

 

 

生理の悩みを我慢すべきでない理由

 

 

PMDDだけでなく、かつては生理痛も重かった私なのですが…

 

「生理痛はみんな辛いんだから」

「みんな我慢してるんだから」

 

と言われることが多く、

 

生理痛は我慢しなくちゃいけないんだ…

 

と、いつしか自然に思うようになってしまっていました。

 

 

 

しかし我慢する必要は一切ありません。

 

何故なら澤選手でもどうにもならんから!!

 

 

PMS・PMDDは排卵時の黄体ホルモンの変動によるものです。

 

自らの意思で排卵をする人なんていませんよね?

ホルモンの変動は目に見えるものではありません。

勝手に起こるものなので、それを気合いでどうこうしようだなんて無理なのです。

 

 

生理痛も、PMSも、PMDDも、症状や重さは人それぞれ。

 

他人に「それくらい…」と言われたとしても、その人はあなたの痛みを100%理解出来る訳ではありません。

 

あなたの正直の気持ちが一番大事で、専門医による診察が必要です。

 

 

目に見えないホルモンの問題

自分にしかわからない痛みや苦しみ

受診することで改善の可能性あり

 

これらの理由により、私はPMS・PMDDで悩んでいる方は病院に行くべきだと思っています。

 

 

【おまけ漫画】子供たちへの接し方 

 


f:id:naotarotarou:20190601161144j:image
f:id:naotarotarou:20190601161147j:image

 

 

唐突に推し漫画の紹介www

 

 

 

 

いや、でもホントおすすめです(真顔)
人生で大切なことの9割はこの2作品で学べます。

 

という話は少し置いといて…
私の体のことについてはいずれ息子たちに話すつもりです。

 

男の子なので生理の大変さや、PMS・PMDDの辛さを経験することはありませんが、伝えることによって想像力は養えるのではないのかなぁと私は考えています。

 

男だから知る必要ないなんてこと、ないですからね。

 

 

 

最後に

 
 
もし辛い思いをされていて、日常生活に支障を来たしているようであれば、受診されることをオススメします。
 
 
コチラの記事で低用量ピルのメリット・デメリットについて書いてますので是非参考に。

www.naotaro-life.net

 

 

私はPMDDなのかうつ病なのか判断をする為に手帳を使ってセルフチェックをしました。

www.naotaro-life.net

 

 

もう一度言いますが、ホルモンのことは努力と根性じゃどうにもできません。

自分の体をしっかり労わってあげてください。